So-net無料ブログ作成
検索選択

「橘花」ふるすくらっち その4 [ラジコン]

さてさて、牛歩ですが続きます~(*´▽`*)

次は、センターキールの検討です~♪
CIMG0279.JPG

2mm板を胴体センターの背骨にしますが、軽量化の肉抜きや、BATTスペース、BATTハッチ、ノーズギヤスペース等々の検討をし、図面にケガキます。
CIMG0281.JPG
CIMG0282.JPG
CIMG0283.JPG

写真ではチョット見え辛いですが、斜線部分を肉抜きの為、切り込みが入れてあります。
又、BATTハッチ工作の為、F2とF4には2枚の胴枠を入れます。
CIMG32.JPG
F2´とF4´はハッチ側に成るので、それぞれ内側に配置していきます。

ここまでで、胴体関係の検討は一端保留です~(=゚ω゚)ノ

次に、翼の再検討に入ります。
CIMG33.JPG
上から「クラークY8%」「クラークY10%」「クラークY12%」の翼形に成ります。
それぞれ前縁から30%位置が最大翼厚で、各%が翼弦長比に成ります。

よく理解できていませんが、模型飛行機を確実に飛ばすには、速度が重要なファクターだそうで、
翼を薄くして抵抗を減らす工夫が必要だそうです。
でも、あまり薄くすると、引き込み脚などが組み込めないなど、構造的な問題と、飛行性能的な問題も出てくるようです。
で、良く判らん!!!・・・ので、エイヤ・・で、「12%」で行こうと思います。

CIMG34.JPG
この図面1枚で片翼分に成ります~(*´▽`*)
F0がセンター(左右接合部で翼弦長=200mm)で、F8が翼端(翼弦長=81mm)に成ります。

CIMG35.JPG
CIMG36.JPG
各リブに線を引きます。
前縁は5mmバルサ、30%位置には4mmバルサスパー、F4からF8までをエルロンとし、
後縁から25mm(エルロン幅=25mm、エルロン長≒230mm)としましたが、
どうでしょうか~(-_-;)

このプランでは翼厚が薄すぎて、電動リトラクトは設置出来ませんが、普通のサーボ式リトラクトなら行けそうです。

今回はここまで~~~(#^.^#)
次へ続きます~~~(=゚ω゚)ノ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。