So-net無料ブログ作成
検索選択

マルチコプター整備! [ラジコン]

最近は「ドローン」と言う呼び方がある意味認知されてしまい、年末の流行語大賞にノミネートされる勢いが有ります。

PPP1010390.jpg

今回は、GPSモジュールネタです(#^.^#)

上の写真右側の機体にはGPSが有りませんでしたので今回装備する事にしました。

P1010555.JPG

左の機体にはDJI NAZAの純正GPS(写真左手側)が付いています。
・進行方向は写真上がFrです。
右手側黒いGPSは、今回入手したDJI互換品(進行方向は同じく上がFr)です。

何方もGPSセラミックアンテナとCOMPASS(方位センサ)が実装されています。

P1010568.JPG

蓋を開けると純正ではなく、互換品の方がアンテナがデカい!(=゚ω゚)ノ
・やはり此方の方がGPS補足性能は良さそう(*'▽')

P1010569.JPG

P1010570.JPG

互換GPS基盤部品実装面、U4のICがCOMPASSみたいです(L8832108)

P1010558.JPG

P1010559.JPG

P1010581.JPG

一方、純正のCOMPASSはL8832223と言うのが実装されています。
どちらの精度が良いのだろうか???

飛ばす時にはCOMPASS(方位センサ)はあまり必要としておらず、GPSセンサ、気圧(高度)センサ、ジャイロセンサ、加速度センサに頼っています。
(気圧(高度)センサ、ジャイロセンサ、加速度センサはFC(フライトコントローラ)に実装されています)

で、もう一ネタ♪(*^_^*)

P1010585.JPG

P1010587.JPG

純正GPSのセラミックアンテナを高感度の物に交換してみました(^_-)-☆
アンテナの厚みが、純正2mm位⇒交換後4mm位(^◇^)

これで少し衛星の補足性能(補足数)が向上するそうです。

フライトコントローラーの制御能力は変わらないので、
ホバリング時の「止まり」や、GO-HOMEの精度がこれで良く成るかは???(-_-;)
でも、少しの期待を込めて・・・・(*^▽^*)

後日飛行確認しブログにUPします~♪


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。