So-net無料ブログ作成

タミヤ手漕ぎボート グーフィーさん 自撮り? [ラジコン]

とりあえず進水式は何とか成功しました~(#^.^#)

で、参加させて頂いたグリーンヒルズ2017年 「ヨット・水上機 初春の集い」では、watさんが大変素晴らしい動画を撮影されていてます。

なので、またまた触発されてしまいました~(=゚ω゚)ノ

じゃ~ん
CIMG0599.JPG
CIMG0600.JPG
CIMG0598.JPG
以前、「Suzy's Zooのブーフくん空中散歩」で使用した、ピンホールカメラです。

気持ち的にはもっと離してSETしたいんですが・・・・。
まずは此れでトライしてみます~(#^.^#)

で、アングルはこんな感じです~~~(・ω・)ノ
https://www.youtube.com/watch?v=ZMr_0DHYx08
画像右下の日付は間違いです~~~
・日付の修正&表示削除方法が良く判りませんので・・・(T_T)/~~~

水にうかべての結果は後日・・・


タミヤ手漕ぎボート グーフィーさんRC化 [ラジコン]

本当に久々のブログUPです~(=゚ω゚)ノ

こんなのをRC化しました~
CIMG0564.JPG

CIMG0569.JPG
タミヤの手漕ぎボートキットです。
クランク&リンク機構で、オールを楕円運動に変換します。

CIMG0568.JPG
クランクのピッチを変換する事で、左右の漕ぎ量が変わり旋回します。

CIMG0566.JPG
仮組状態です~(#^.^#)

RC化するにあたり、YouTubeを検索するとボートの後端に、舵(ラダー)を取り付けて作られている方がいらっしゃいました。
でも、せっかくなのでスケール化を重視し、手漕ぎの機構を何とかしてRC化しようと思います。

まず初めに、モーターをミニ4駆の低回転高トルク型に変更しました。
CIMG0571.JPG

次に、電池BOXの削除とRr側のリンク支点部を切り取ります。
で、同じ座標付近に支点が来るように、サーボホーンを調整しながらサーボをセットします。
CIMG0573.JPG
CIMG0574.JPG
サーボは3.5gクラスのデジタルサーボが、丁度オリジナルのRr側支点「幅」にマッチします。
でも、チョットトルク不足です~(-_-;)

モーターのAMPはブラシモーターの飛行機用で、ジャンクBOXを漁って出て来た物をこの位置にくっつけます。
CIMG0572.JPG

サーボの動作量は後程の動画をご覧くださいネ~(#^.^#)

ここからがポイント!!
モーターリンクのピッチを可変するのは困難。
左右に旋回するにはオールの水かき量に変化を持たせれば良い。
なので、Rr側の支点を下げればオールの力点が下がるので、結果オールの作用点(水かき部)は持ち上がり、水のかき量が少なく成ります。
注意点としては、Rr側の支点を持ち上げすぎると、オールの作用点(水かき部)が下がりすぎ、リンクに無理な力が加わる可能性などが挙げられます。

以上を考慮し、更に、スケール重視の為「漕ぎ手」にも乗船して頂きました。
で、本日無事進水式を実施しましたので動画をご覧くださいませ~~~(#^.^#)
※音量注意願います~(*_*;

https://www.youtube.com/watch?v=hnHeIJCoGy4

https://www.youtube.com/watch?v=EAvX2_5F2nE

https://www.youtube.com/watch?v=Hchly0VQvxc

https://www.youtube.com/watch?v=0tDma_ue_Fc

https://www.youtube.com/watch?v=iv0w2Qwvev0
今日は風と水面の条件が悪く、浸水沈没にヒヤヒヤしながらの進水でした・・・( ゚Д゚)

取りあえず今後はサーボ動作量をチューニングしてもっと小回りが出来るように調整してまいります~~(*^_^*)
と言うか、サーボが非力で高速回転時、支点の保持が出来ないので、そもそも機構を見直さないといけないかも~です。
※皆様良い知恵がありましたらご示唆願います~>^_^

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。