So-net無料ブログ作成
ウクレレ ブログトップ

ウクレレすくらっちびるど! ソリッドウクレレ「完成(#^.^#)」 [ウクレレ]

ソリッドウクレレがようやく完成しました~(*´▽`*)

まずは続きから♪

ペグ用の穴をあけ、表側からブッシュを圧入して行きます~。
チョットずれているのはご愛敬です~(=゚ω゚)ノ
CIMG0140.JPG

次に、指板の14フレットがネック付け根に来るよう調整し接着します。
CIMG0139.JPG

次にブリッジを接着しますが、スケール(弦長)が382mmに成るよう、0フレットからの距離を測り、極力正確に位置決めし接着します。
もうこれで、このウクレレの音痴度が決定してしまいました~(-_-;)
CIMG0166.JPG

次に「ナット」ですが、とりあえず0フレットはギター用の物を圧入してありますので、先のスケール決定的には不要なのですが、弦の間隔を規制する為に必要に成ります。
材料はエボニーで、弦の太さに合わせ溝を切ります。
指板材含め0フレットの高さを測り、溝の切り込み量を決めます。
CIMG0151.JPG

CIMG0164.JPG

で~、弦を張って何とか完成です~(*´▽`*)
CIMG0178.JPG
CIMG0182.JPG
CIMG0181.JPG

早速チューニングし音出ししましたが、チョット感激します~(*'▽')

取りあえず音出しはOKなのですが、「ビビリ」がチョット気に成ります。
なので、もう少し調整してみます~!

まず、14フレットの弦高さ調整です~(・ω・)ノ
約3.5mm位あります。
此れ位でもベテランさんには問題無い位だそうですが、ビギナーには・・・・・(-_-;)
で、ブリッジの牛骨材を削り高さをぎりぎりまで下げてみました~。
CIMG0186.JPG
CIMG0187.JPG
CIMG0193.JPG

約3mm位に成りましたが、これ以上はブリッジの溝を削り下げるしかありません。
「ビビリ」には関係ない調整なのかも!ですが、此れでも「ビビリ」が少し解消されました。

「ビビリ」の原因は、ヘッドの傾き不足が主要因ポイです~。
これは材料の板厚が18mmしかなく、傾斜(反り)が取れず、0フレットへの弦押え力不足に成っているものと思われます。
CIMG0199.JPG

<今後への総括>
1、指板材板厚は4mm←3mmとする。
2、ヘッド反り(傾斜)量は一般量を死守する。
3、ソリッド作製の材料で18mmを使うなら、アコギに有るようなペグ(横軸式?)にする。
4、0フレット(ギター用)は圧入前、反り取り(直線)を怠らない事。
5、タイトボンド塗布量に注意する。(付けすぎない事)
6、ペグはギヤ式にする。
7、ソリッドにピックUPを付けアンプで増幅し弾いてみる。

以上で「ソリッドウクレレすくらっちびるど」は一端完了で~す(*´▽`*)
CIMG0178.JPG
次はいよいよKIT製作ですが、スタート&ブログUPまで気長にお願いします~

ウクレレすくらっちびるど! ソリッドウクレレその2 [ウクレレ]

ソリッドウクレレの続きです~(*'▽')

今までの工程は、とりあえず力技で何とか成りました~(*^^)v
でもここからは未知の領域です~( ゚Д゚)

まずは基本に戻り、ウクレレの各部名称をおさらいしておきましょ~~~♪
CIMG0136.JPG

現在、ペグ、ナット、ブリッジ、弦の4品は未入手で手配準備中で~す!

さて、いよいよフィンガーボード(指板)製作です。

スケール(弦長)は382mm、12フレット目が中央で191mmと成りますが、
何か難しい理論から補正値を計算し、各フレットの間隔が決まるそうです。
とても理解できるものではありませんので、フレット計算フリーソフトをダウンロード(^O^)/

プリントした型紙をスプレー糊で板に貼ります。
CIMG0083.JPG
指板材は大和マークさんでt=3mmに調整して頂いた物です。

CIMG0085.JPG
まず、デザインナイフで正確に筋を切り、アクリルカッターで少し深く切り込みます。

CIMG0086.JPG
指板の幅はやっぱり、ぱく・・・・・コピーです~(-_-;)
アクリルカッターで両面から切り込みを入れ、切り出します~!

こんな感じっす(^O^)/
CIMG0089.JPG

次に、いよいよ難関のフレット溝きりです~(;一_一)
フレットの圧入量と指板の厚みから、1.5mmのピアノ線をストッパーにします。
CIMG0093.JPG

CIMG0091.JPG
0フレットは少しだけ幅広で深めに仕上げました。(理由は後ほど~)

次はポジションマーク加工です。
4mmのざぐりは、100円ショップで入手のドリルが活躍します~(#^.^#)
CIMG0095.JPG
貫通させない様注意しますが、ドリル先端が少しだけ裏に出るようにします。(空気抜きです。)

CIMG0099.JPG
エポキシでポジションマークを固定します。

側面のポジションを取り付けます。
CIMG0106.JPG

これで取りあえずひと段落で~す(*'▽')
CIMG0111.JPG

次にいよいよフレット打ち込みです~(=゚ω゚)ノ
打ち込みと言っても、゛ハンマーでぶち込む”のではなく、自転車のブレーキシューを加工した治具を作り、ボール盤に取り付け゛押し込む“作業に成ります。
CIMG0130.JPG
一応完了~~~♪
で、これですが~(◎_◎;)
ゼロフレットにアコギ用のデカいフレットを打ち込んであります~( ゚Д゚)
CIMG0132.JPG
スタンダードなウクレレのゼロフレットは゛ナット”に成りますが、赤池にあるウクレレ工房さんではこんなスタイルにされています~~~(#^.^#)
なので~、ぱく・・・・コピーさせて頂きました~~~(*^^)v

CIMG0139.JPG
軽くエッジを整え、今回はここまで~~~(#^.^#)

次回へ続きます~~~(*´▽`*)

ウクレレすくらっちびるど! ソリッドウクレレその1 [ウクレレ]

ウクレレを作ろ~~~って、言っては見たものの。
ネットで調べただけで全くチンプンカンプンです~(T_T)/~~~

で、とりあえず安いウクレレを1個調達してみました~(#^.^#)
CIMG0123.JPG

え~っ、なら、わざわざ作る必要ないじゃん! って(*_*;

いやいやそーではなくて、作るのが楽しいんです。
で、それがちゃんと機能を発揮するかが醍醐味だったりします~(*^_^*)

では早速開始です♪

まずは、ホームセンターで材料購入~(^O^)/
CIMG0001.JPG
600×200、T=18mmのパイン集積材棚板です。

これに図面をスプレー糊で貼り付けます。
CIMG0002.JPG
ボディーはソプラノサイズで約230mm×150mm、
ネック部はコンサートサイズで、スケール(弦長)382mm、
14フレット目でボディーにジョイントするサイズにしました。
ヘッドの形状は製品をコピー(パクリ!)です~(-_-;)

で、ホームセンターの工作室にある加工機器を借用し切り出します~♪
CIMG0003.JPG
CIMG0004.JPG
ソリッドなのでボディー形状はエレキの様に・・・・・・!

ヘッドのペグ(糸巻き)位置にマークします。
CIMG0005.JPG

材の厚みが18mm有りますので、少しだけヘッドを折り曲げます。
って言っても、本当に曲げるのではなく、表裏に切り込みを入れ削り出します~( ゚Д゚)
CIMG0006.JPG
で、こんな感じに・・・
CIMG0007.JPG
CIMG0008.JPG
本当はもっと折り曲げたいのです~、が、これ以上は無理!
この形状は、弦を張る時ペグに巻き付けますが、ここを折り曲げて弦がナット(納豆じゃないよ~)にちゃんと押し付けられるようにする為でっす~♪

次に、ネックを成形します。
幅と厚みは例によって完成品のぱく・・コピ~です(-_-;)
CIMG0009.JPG
CIMG0010.JPG
CIMG0011.JPG
CIMG0011A.JPG

で、あらかた成形してこんなん出来ました~(*^▽^*)
CIMG0012.JPG

次回へ続きます~~~(・ω・)ノ

ウクレレすくらっちびるど! 調査&準備♪ [ウクレレ]

ウクレレを作ろう~(#^.^#) って、言っては見たものの、
全く知識も経験もありません~( ゚Д゚)

とりあえずネットで勉強し色々考察した結果、これを購入しました~♪
CIMG0115.JPG

サイズはソプラノで、本体はオール単板(べニア板じゃありません)なので、
市販の完成品なら高性能クラスだそうです。

うっ、やばい!!「本当に難しいキットです。」っていきなり書いてあります。(T_T)/~~~
CIMG0118.JPG

これはチョット気合を入れてかからないと・・・・・(=_=)

で、色々とネットを見ていたら、本体はソプラノサイズでネックはコンサートサイズと言う組み合わせの物が「ソプラノ ロングネック」と言うそうで、指の太いおっさんにはおすすめで良いらしい!

本格的に作製開始の前に構造理解と作業習熟を兼ねて、「ソリッドウクレレ」と言うのを作ってみようと思います~(*^_^*)

次回へ続く~~~♪

ウクレレすくらっちびるど! 序章♪ [ウクレレ]

またまたラジコンネタではありません<(_ _)>

昨年夏頃、会社の物資斡旋でこんなカタログが回覧されました!
img006.jpg

その昔、本屋さんでこんな物を見つけ、「作ってみたいな~」と強く思ったのを思い出しました。
ぐっさんウクレレ .jpg

こんなのも出ていました。
うくれれKIT .jpg

近年、バンブーサックスや、水道管ケーナを自分で作り吹奏したりして、楽器作りにチョット面白みを感じています~(#^.^#)
P1010662.JPG
P1010659.JPG

もうそろそろ始めちゃいましょうか~~~(*^▽^*)

ウクレレ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。